身とS・K、セミナーから帰ったばかりのT・Mのセルフ客間を見物

「そんな縄文土器みたいなモン持たされたかと思えば今度はスコップでトラップ掘りだもん。ホンマ勘弁」
 広間には煙が充満やる。
 S・Kが衣服誌を広げているそばで、広間のベランダから外を眺めていると塾から帰ってきた制服持ち味のT・Mが見えた。
「おかえりー」
 ぼくが声を掛けるとT・Mは私の方を見上げ、咄嗟に将校のように胸を張って敬礼してみせた。此処に居るだけで「ただいま」と「お帰り」を言っていただけるユーザーがめいめい沢山いる。これも協力一生のひとつの強みと言えるかもしれない。
「S・K。T・Mの広間行こうよ。S・K、将棋もらえる?」
「え、一先ず出来ますけど、自分そこまでエリートじゃないっすよ」
 ぼくは合間強引にS・Kを連れ出すと、専らT・Mの広間へ押しかけた。
「T・M、これから入って宜しい?今日はS・Kも連れてきた。また将棋やろう」
 T・Mは着替え消息筋らしいので着替え仕上げるまでぼくとS・Kは道場の敷地内に何か遊具がないか虱潰しに見い出すことにした。めっちゃぜいたくフルーツ青汁 ダイエット方法